長崎県大村市の皮膚科・美容皮膚科【上田皮ふ科】

長崎県大村市の皮膚科・美容皮膚科【上田皮ふ科】

上田皮ふ科

お知らせだっ!
上田だっ!
皮ふ科だっ!
美容だっ!
相談だっ!
INGROWN NAIL

巻き爪・陥入爪

巻き爪と陥入爪

自己流の治療をせずに、早めに専門医に相談を。

巻き爪とは、爪の断面がひらがなの「の」の字のようになり、肉を巻き込んでいる状態のことです。細菌感染を起こすと赤く腫れ上がることもあります。

陥入爪(かんにゅうそう)とは、爪の端が皮膚に刺さり、炎症や化膿を起こしている状態のこと。外反母趾や腰痛、歩き方などの影響により、親指が上に反るような状態になると起こりやすい症状です。

巻き爪や陥入爪は、ちょっとしたきっかけで老若男女問わず発症します。誤った自己処置で悪化することもあるので、異常を感じたら早めに受診しましょう。

巻き爪・陥入爪の原因

足に合わない靴を履いたり、深爪をすることが代表的な原因です。生まれつき指に対して爪の横幅が大きすぎて、爪が皮膚に食い込みやすい人もいます。深爪を繰り返すと皮膚に炎症が起こり、つま先の皮膚が腫脹して爪が食い込む場合や、外傷の影響で爪が曲がって生えて皮膚に食い込む場合、爪郭に細菌感染したものが治りきらないで不良肉芽となってしまう場合などがあります。

巻き爪・陥入爪の予防

予防で一番大切なのは
「爪の切り方」

特に親指は深爪に注意し、角を残し爪を少し長めに切るようにしましょう(スクエアカット)。
外反母趾対策も有効なので、足の指の運動、5本指や足袋型の靴下もおすすめ。
外反母趾用のサポーターや、指先にゆとりがある紐で結ぶ靴を履くことも良いでしょう。

感染・痛みがない場合

爪の切り方の指導など。場合によっては矯正をおすすめすることもあります。
また、上田皮ふ科のフットケア外来にて再発予防の指導も行っています。

保険治療

テーピング法、コットン&パッキング法

保険外治療

プレート・ワイヤー法
感染・痛みがある場合

保険治療

痛み止めの内服

抗生物質の内服、痛み止め、抗炎症剤の内服抗菌作用のある薬を外用します。

ガーゼ&パッキング法

爪の切り方に問題があり、陥入爪になった方におすすめしています。

手術療法

保険外治療

プレート・ワイヤー法

感染が落ち着いてから、爪の矯正の必要があればプレート法やワイヤー法で治療を行います。

化膿性肉芽腫*を
認める場合

*爪周りの皮膚が赤く盛り上がったもの

保険治療

痛み止めの内服

抗生物質の内服、痛み止め、抗炎症剤の内服抗菌作用のある薬の外用、ステロイド剤の外用(ステロイドは化膿性肉芽腫を押さえる働きがあります)

手術療法

化膿性肉芽腫切除術+ガター法、化膿性肉芽腫切除術+フェノール法

巻き爪・陥入爪の治療法

豊富な治療法で、難治性巻き爪も治療可能

悪化した巻き爪と細菌感染は、ただ消毒をしていても改善しません。
低侵襲のワイヤー治療、根本から解決する陥入爪手術から手術せずに改善させる方法まで、
さまざまな治療法により、他院では対応が困難な難治性巻き爪の治療も可能です。

テーピング法
(保険適応)

テーピング法は爪と皮膚を引き離すようにテープを巻くことで、爪の痛みを軽減する方法です。巻き爪の強制力はさほどないので、巻き爪が高度な場合は他の治療までの「繋ぎの治療」になります。

ガーゼ&パッキング法

爪が皮膚に食い込んでいるところにガーゼを詰め、さらに医療用接着剤にて固定する方法です。そうすることで爪と皮膚がぶつからなくなり痛みが軽減。その間に爪が適当な長さまで伸びるのを待ちます。爪の切り方に問題があり、陥入爪になってしまったという方に特におすすめしています。

プレート法
(保険外治療:1指3,000円)

形状記憶合金のプレートを爪の先に装着。形状記憶合金の元の形に戻ろうとする力で指の爪を矯正します。爪の先に引っ掛けるだけの簡単な治療で、治療の痛みはほとんどありません。しかし、爪がある程度伸びてないとつけられないという欠点があります。

ワイヤー法
(保険外治療)

当院では伸びた爪に使えるマチワイヤー法に加え、爪が短くても使うことのできるコレクティオのワイヤーも使用しています。特殊なワイヤーを爪に引っ掛け、締め上げることで爪を矯正。深爪が原因の陥入爪や、異常に湾曲してくる巻き爪を自然で健康な爪へと導く矯正具です。

簡単な施術なので短時間で完了し、母趾以外の幅の狭い爪も矯正可能。ワイヤーを安定させるプレートやコーディング部が小さく、見た目が美しいのも特徴です。

マチワイヤー法

ある程度伸びた爪にのみ処置可能。親指3,000円(保険外診療)。

コレクティオ法

短い爪にも処置可能。親指7,000円(保険外診療)。
特徴や矯正の手順など、詳しくは製造元のサイトを参照ください。

ガター法

痛みがあるため爪を短く切り、切ったら爪が食い込むといった陥入爪の悪循環を断つ優れた治療法です。非常に簡便な治療なので、なかなか治らない陥入爪に対する第一選択肢としておすすめします。特に化膿性肉芽腫と合併しているときには、まず最初に考慮すべき治療法です。

食い込んでいる爪と皮膚の間にチューブを挟み、そのチューブを医療用接着剤や糸で固定。そうすることで爪と皮膚がぶつからなくなり痛みが軽減します。その間に皮膚の腫れが治まり、爪が適度な長さになるのを待ちます。

ガター法

治療時間

約20~30分(少量ですが局所麻酔が必要。ほとんど麻酔が効くのを待つ時間)

術後の経過

念のために当日のみ激しい運動はお控えください。2~3日後より痛みが改善するかたが多いようです。数週間でチューブが自然に脱落しますが、そのころには炎症や化膿性肉芽腫が落ち着いており、痛みがなくなっていることがほとんどです。

フェノール法

巻き爪の巻いている部位を根元から切り取る方法です。それだけではまた爪が生えてきてしまうため、フェノールという薬剤を使って爪母と爪床を処理し、爪が生えてこないようにします。足指の根元から麻酔をするため手術中の痛みはありません。

少し爪が細くなるというデメリットがありますが、根治率は最も高く、他の治療では何をやっても良くならなかったという方におすすめです。

治療時間

約20分(ほとんど麻酔が効くのを待つ時間)

術後の経過

傷が治るまでに1〜2週間かかります。手術後の約1週間は激しい運動を避けてください。翌日よりシャワーを浴びることができます。

フットケア外来

症状を繰り返す方には、フットケア専門士による検査やアドバイスも行っております。