長崎県大村市の皮膚科・小児皮膚科・美容皮膚科【上田皮膚科】

長崎県大村市の皮膚科・小児皮膚科・美容皮膚科【上田皮膚科】

上田皮ふ科

お知らせだっ!
上田だっ!
皮ふ科だっ!
美容だっ!
相談だっ!
ATOPIC DERMATITIS

アトピー性皮膚炎

皮膚科専門医の豊富な経験と、アトピーに対する熱意

現在、一瞬でアトピー性皮膚炎が消えてなくなるような治療法は存在しません。
しかし、正しい知識と治療法で「じっくり」と「熱意」を持って取り組めば、症状をほとんどなくすことも可能だと考えます。
院長自身もアトピー性皮膚炎患者です。治療者側と患者側の両方の立場になって治療法を提案します。

アトピー性皮膚炎に対する想い

重症でも治療が難しいものでも
お任せください

アトピー性皮膚炎の治療はネット中心に様々な情報が入り乱れており、患者様や保護者の方たちを不安にさせ、混乱させる要因にもなっています。当院では皮膚科学会専門医である院長が、日本皮膚科学会の規定に基づき治療を行います。院長は今まで大学病院皮膚科および関連病院における病棟、外来勤務にて豊富な症例の経験があり、重症例・難治例であっても症状を適切にコントロールします。

アトピー性皮膚炎の治療法

アトピー性皮膚炎の治療の原則は、症状をコントロールしていく対症療法になります。慢性疾患ではありますが、適切な治療をきちんと受ければ、ほとんど症状の出ない状態になることが期待されます。治療の大きな柱としては、保湿剤・ステロイド外用剤・タクロリムス軟膏外用・抗アレルギー剤内服があり、新しい治療の選択肢としてデュピクセント注射薬も導入しました。

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は慢性(成人は6カ月以上、乳児は2カ月以上)に繰り返す、かゆみのある皮膚炎(湿疹)を主とする病気で、アトピー体質(家族歴や既往歴に喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎がある)を伴うことが多いです。

根本には皮膚の生理学的異常(皮膚の乾燥とバリアー機能異常)があり、そこに様々な外的刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。近年、アトピー性皮膚炎の方の多くが、遺伝的に皮膚の保湿因子(フィラグリン)の遺伝子に異常があることがわかり、「保湿」の重要性が再認識されています。

治療法だっ!

既存の治療法で効果のなかった方へ
新しい選択肢となる注射薬デュピクセント

デュピクセント

アトピー性皮膚炎の原因を
根本からブロック

2018年1月19日に、全く新しい作用機序によるアトピー性皮膚炎の注射薬デュピクセントが承認を取得しました。既存の内服薬・外用薬のみの治療では、どうしても効果の乏しかったアトピー性皮膚炎の患者様にとって、新しい治療の選択肢となります。大学病院、総合病院のみならず上田皮ふ科でも投与が可能な薬剤です。

効果は大変期待できますが、誰でも使用できる薬剤ではありません。価格が高額であることも考慮が必要ですが、その高い治療効果から、治療中の患者様は大変喜ばれている方が多いです。

デュピクセントの
作用機序

デュピクセントは、アトピー性皮膚炎の皮疹や痒みの原因を根本からブロックする薬剤です。

デュピクセントの作用機序

アトピー性皮膚炎を引き起こす主役はTh2というリンパ球です。デュピクセントはTh2から分泌されるIL-4とIL-13をブロックすることで、アトピー性皮膚炎の発症や悪化を抑えることができます。また、Th2リンパ球に分化する過程を抑制することもできる ため、Th2リンパ球の上流と下流でこの働きを抑制することができるのです。

従来の治療では、皮膚のバリア機能が低下したり、炎症反応が促進した部分を塗り薬、内服薬などで抑えているのみでした。デュピクセントは、根本の部分をブロックすることでそれ以降の作用を抑える、根本からブロックするという点で全く新しい機序による薬剤と言えます。

デュピクセントの作用機序についてさらに詳しく知りたい方は、
左のデュピクセント専用サイトをご参照ください。

デュピクセントの
有効性

アトピー性皮膚炎の重症度評価において、投与前から75%の改善が見られたという患者が、68.9%もいたという結果が出ており、他の治療法に比べてデュピクセントの優越性が証明されています。

投与16週時のEASI-50/75/90*達成患者割合

デュピクセントの有効性
  • EASI : 世界的に頻用されているアトピー性皮膚炎評価指標の1つで、体全体の他覚的なアトピー性皮膚炎重症度を表す
  • EASI-50/75/90 : EASIスコアがベースラインから50%/75%/90%以上改善した患者の割合

投与方法

デュピクセントの有効性

デュピクセントは1本の注射に300mgが含まれており、これを月に2回(2週間に1度)注射します。初回のみ1回2本600mgを注射し、それ以降は1回1本300mgの注射を継続していきます。注射部位は、両上腕(二の腕)、腹部、両大腿(ふともも)です。

治療可能な方

01他の治療で効果が不十分な中~重症の成人アトピー性皮膚炎の方

成人アトピー性皮膚炎と診断されており、かつステロイド外用剤やプロトピック軟膏にて6ヶ月以上治療を行っている必要があります(あるいは副作用や過敏症のため、これらの外用療法が継続できない方)。ステロイド外用やプロトピック軟膏外用でコントロールできている患者様は治療できません。また、免疫抑制剤(ネオーラル)やナローバンドUVBを併用すれば改善する患者様も治療ができない可能性があります。

0215歳以上の方

15歳未満の方は治療ができません。15歳以上(高校生以降)の方のみ治療が可能です。

03外用治療も併用できる方

注射で治療をされる方でも基本は外用治療です。注射が終了しても外用治療を継続していきます。しかし使用する量が少なくなり、保湿剤のみでのコントロールできる方もいらっしゃいます。

04以下の3つの項目が一定のスコア以上の方
  • IGAスコアが3以上
  • 全身又は頭頸部のEASIスコアが16以上
  • 体表面積に占めるアトピー性皮膚炎病変の割合(%)が10%以上

※これらのスコアは、当院の院長が皮疹の状態を見て判定します。

投与に注意が
必要な方

01喘息など他のアレルギー疾患を併発している患者様

デュピクセントは喘息にも効果があります。ただし、急にデュピクセントを中止したときに喘息が悪化して命に関わる可能性があるため、デュピクセントを投与中にも従来の喘息の治療は継続することが大切です。

02寄生虫感染症の患者さま

現在の日本で寄生虫に感染するリスクはほとんどありませんが、寄生虫に対する免疫を低下させるため注意は必要です。

03妊婦、産婦、授乳婦の方

完全には禁止されていませんが、基本的に投与は難しいとされています。

04小児、高齢者の方

15歳未満の方は治療ができません。15歳以上(高校生以降)の方のみ治療が可能です。

医療費の
自己負担割合

医療費の自己負担割合

※自治体によっては独自の医療費助成制度がある場合があります。詳しくは各自治体にお問い合わせください。

治療費の目安

デュピクセントの薬剤費(1本あたり)
ペン : 66,562円
シリンジ : 66,356円
ペンの場合 シリンジの場合
初回
(2本)
2回目以降
(1本)
初回
(2本)
2回目以降
(1本)
133,124円 66,562円 132,712円 66,356円
自己負担額
(窓口で支払う金額)
3割 39,937円 19,969円 39,814円 19,907円
2割 26,625円 13,312円 26,542円 13,271円
1割 13,312円 6,656円 13,271円 6,636円
  • 上記は2020年11月現在のデュピクセントの薬価をもとに計算しており、今後変更になる可能性があります。
  • 別途、初診料、再診料、処方せん料などがかかります。
  • 以下に当てはまる方は高額療養費制度の対象になる可能性があります。
    1)年収370万円未満 2)住民性非課税者

デュピクセントについてよくある質問

Q.治療はいつから可能ですか?

初診の方は、まず診察をして皮疹の程度をスコア化します。条件を満たしていれば、次の受診時に治療可能です。

Q.治療は受診した当日に受けられますか?

初診時には投与できず、次の受診時からの投与になります。当日、初診の方はこれまでの治療期間や治療内容を伺い、皮疹の程度をスコア化しなければなりません。その上で適応と判断されれば、次の受診時に投与することになります。

Q.何回くらい治療すれば、効果が実感できますか?

1回の注射後、2週間で効果が認められます。
3ヶ月経過したときには、ほとんどの症例で皮疹、そう痒ともに明らかな改善が認められることが多いです。

Q.治療はいつまで行うのでしょうか?

いつまでデュピクセントを続けるべきかについて、明確な指標はありませんが、基本的に炎症とそう痒が治り、改善が実感できるまでは継続します。最近の調査によると6ヶ月を目安として、よい状態が維持できるようならさらに合計1年間を目安に継続すると、注射を止めても再発しづらい状態になることが多いとの報告があります。デュピクセント中止後も外用剤は継続する必要があります。もし、外用のみで皮疹がコントロールできなくなったときには、デュピクセントを再開することもできます。